2018年12月台中旅行記(貓鼠麵)


お昼は流れ流れて彰化站にいた。

着いても余裕ぶっこくヒマはない。彰化扇形車庫の閉館時間が16時に
迫っているのだ。今何時だ?13時前だった。

気持ちにゆとりを満たすように、胃に何かを満たそうじゃないか。店名だけ
だと敬遠しがちな猫鼠麵さんです。注文は猫鼠三賽麵(55元)です。


貓鼠麵

普通の猫鼠麺の3点盛りって感じでしょうか?

3点とはエビ団子、肉団子、豚肉の湯葉包みだと思われます。


貓鼠麵

麵は平麺で持ち上げのいい感じ。これに絡むスープの出汁はハマグリと
豚らしい。「らしい」と言葉尻に保険を掛けてしまった。

ハマグリのスッキリさと、物足りなさを豚のコクとフライドオニオンが補って
いる感じでウマウマですよ。さっぱりなのにしっかりとした味付けで安定の
一杯ですね。

こういうやさしいスープだけに3つのトッピングの味わいも深く引き立ってし
まうんだな。

日本人だと知ると、店員さん3人が代わる代わるご機嫌伺いに来るのは
うれしいことなのか、困ったことなのか。全然落ち付いて食えんかったぞ!


貓鼠麵

・店名:貓鼠麵
・住所:彰化縣彰化市陳稜路223號
・営業時間:9:00~20:30
関連記事

スポンサーリンク



人気ブログランキングへ ←ブログランキング参加中です。応援してね♪

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

プロフィール

ひっぽ

Author:ひっぽ
ブログを引っ越してきました。
元々はこんな感じ。
http://blog.otokomaeno.com/

スポンサーリンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム